【岡山】不動産売却で空き家をスムーズに売却するポイントを解説

岡山で不動産売却!空き家のスムーズな売却方法とは?

空き家の売却方法には、「空き家をそのままにして売却」「更地にして売却する」の大きく2つの選択肢があります。岡山で不動産売却をご検討の際は、どちらにも精通した不動産会社へ相談するとスムーズに売却を進めることができるでしょう。

事前にチェックしたい!空き家をスムーズに売却する方法とは?

check in advance

空き家を売却する方法としては、「空き家をそのままにして売却」「更地にして売却する」という大きく2つの方法があります。

ここではこの2つの方法と空き家を売却する際の注意点について詳しく解説いたします。

空き家をそのままにして売却する

空き家を解体しないことで、解体費用を抑えられ、売却活動もスムーズにスタートできます。手間がかからずコストも抑えられる点が、この方法の最大のメリットと言えるでしょう。

ただしこの場合、空き家の状態が売却価格や時期を大きく左右する可能性があるので注意しましょう。

管理が不十分で空き家が劣化していると、建物が邪魔をしてなかなか買手がつかなかったり、土地の売却価格を下げてしまったりといった状況も起こりえます。

空き家の状態が良ければ、「中古の住宅を購入しリフォームして住みたい」「賃貸物件として運用し家賃収入を得たい」といった方にも購入を検討してもらうことができます。

空き家を解体せずに売却することを検討する場合は、空き家の状態を考慮するようにしましょう。

空き家を解体して更地の状態で売却する

空き家の状態によっては、解体して更地にした方が早期に売却しやすい場合もあります。解体費用は必要になりますが、買主視点で見ると「空き家を解体する費用が不要」「購入後すぐに家を建てることができる」といったメリットがあります。

売主にとっても、更地にすることによって「空き家の管理をする必要がなくなる」「新しい家を建てる予定の買主にアピールできる」といったメリットがありますが、その反面、更地にすることにより減税措置対象から外れてしまうため、都市計画税は3倍・固定資産税は6倍まで上がります。更地にしてなかなか買手がつかなかった場合、固定資産税の他、譲渡税の負担が大きくなる可能性がありますので、解体はよく考えて行う必要があります。

空き家を売却する時の注意点

空き家を売却する時の注意点は以下の3つです。

  • 空き家の名義が自分になっているかを確認しておく
  • 売出価格を少し高値にしておく
  • 売却までには時間がかかると心得ておく

まず、空き家の名義が誰になっているのかを確認しておきましょう。物件の売却は名義人本人でないとできないからです。もし、名義人が亡くなった親族の方であった場合は物件を売りたくても売ることができません。名義変更は法務局で申請ができるので、変更しておくようにしてください。

売出価格に関しては、希望価格よりも高値に設定しておきましょう。なぜなら必ずと言っていいほど値切りが発生するからです。不動産は高額商品なので、そのまま買うということはほとんどなく、値切りが前提になります。そのため、値切りを見越し、売出価格はあらかじめ少し高めに設定しておくのが一般的です。

売却までにかかる期間は、中古住宅で一般的に3~6ヶ月と言われています。

元空き家という点は、買主にとって印象良く捉えてもらえない場合が多いことから、空き家の売却はそれ以上に時間がかかることを覚悟しておきましょう。買手が付くまでに時間を要する可能性が高いため、税金や維持費を考慮し対策をしておくことをおすすめします。

買取の流れ・手順

不動産売却で空き家と土地を売りたいなら岡山中古住宅買取.comへ

vacant house

空き家を売却する方法としては、「空き家をそのままの状態で売却する方法」と「空き家を解体して更地にしてから売却する方法」の2つがあります。

空き家をそのままの状態で売却するメリットは、「解体費用が不要」「販売活動をすぐに始めることができる」という点です。ただし、空き家の状態によっては買手が見つかりにくい可能性があります。

一方で更地にして売却する方法は、買主にとって「空き家を解体する費用が不要」「購入後すぐに家を建てることができる」といったメリットがあることから、買手が見つかりやすい傾向にあります。ただし、売手側においては「解体費用が必要」「解体後に都市計画税・固定資産税が跳ね上がる」「譲渡税の税負担アップの可能性」といったデメリットが発生します。

2つの方法は、どちらにもメリット・デメリットがありますので、売却予定の空き家の状態に合った方法で売却をするようにしましょう。

とにかく早期に空き家を売却したいとお考えの方には、不動産会社への買取依頼もおすすめです。売却の場合は、買手が現れるのを待つ期間が必要になりますが、買取であれば不動産会社と各種条件面で合意をすることができれば、すぐに売却することが可能です。一般的に仲介売却時よりも売却価格は低くなる傾向にありますが、「早急に空き家を処分したい」「維持費や税金の支払いを避けたい」といった方にはおすすめの方法と言えます。

自分に合った方法がわからない・判断ができないといった場合は、まずは不動産会社へ一度相談してみるのもよいでしょう。

岡山中古住宅買取.comは、空き家を含め不動産買取に関する様々なご相談に対応しております。お客様に最適な提案ができるよう努めておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

不動産買取・売却・査定、不動産相続に関するお役立ち情報

【不動産売却】岡山で空き家や土地を売却するなら岡山中古住宅買取.comにご相談ください!

社名 株式会社プライムホーム
住所 〒701-4264 岡山県瀬戸内市長船町土師140-12
アクセス
  • [ 電車の場合 ]
    JR赤穂線長船駅を出て、北へ約5分
  • [ 自動車の場合 ]
    岡山ブルーライン瀬戸内IC下車 瀬戸内市(北)方面5分
    ※駐車場10台
TEL 0869-26-8811
FAX 0869-26-8822
e-mail office@primehome.co.jp
URL https://okayama-kaitori.com/

まずはご相談ください!

お申込み・お問い合わせ